月収500万起業家主催の宿泊懇親会に行ってきた話

 

こんにちは、

ゆりくまです!

 

昨日、今日は
月収500万の師匠が主催した
宿泊懇親会に参加してきました!

 

今回の懇親会は、
一言で言ってやばかったです。

 

 

参加者が、、、濃ゆすぎました。。

ビジネス開始3か月で420万の方や
年収3億超えの師匠から学んでいる
起業家さんが複数いたり、
1か月で1000万稼いだ大学生起業家さんなどなど

 

基準値が高い方々が多くて
行く前からわたしの心の中のざわつきは
鳴りやむことはありませんでした。

 

 

学んだことは
数えきれないくらいあったのですが

 

このブログを見てるあなたに
ちゃんと役立つことを書きたいと思って
1メッセージを書き留めようと思います。

 

 

この記事は、

「自分なんて」

って言葉が口癖で
なかなか自分に自信が持てないあなたへ

 

1歩ずつでいいから前に進もう。
そう心の底から思える
「勇気」を届けられたら嬉しいです。

 

 

~1メッセージ~

自分の精一杯を出しさえすればいい。

~~

 

 

今回のお泊り懇親会を経て、

わたしは
自分の心の弱さを知ったと同時に
自分の武器を自覚することができた。

 

 

 

今回の懇親会は
17人の方が参加しました。

 

 

 

冒頭でいったような
ビジネス上級者の方もいれば
これからっていう志の高い
初心者の起業家さんも複数いた。

 

 

 

雰囲気は
こんな感じのエアビーで借りたお家にて

 

 

結構広い!

 

 

そして

懇親会ははじまり

2グループに分かれて
ざっくばらんに話をすることになった。

 

 

 

わたしのテーブルには
月収500万の起業家、
ビジネス開始して420万、
同様には数か月で150万を稼いでいる
大物勢の方々がいらっしゃった。

 

 

 

 

 

(緊張して息がつまりそう…)

 

 

 

正直心地悪かった。

クラス替えをした初日の気分だった

 

そして、

これからビジネスを頑張ろうとしてる
初心者の方も数名いて
6名でテーブルを囲んだ。

 

 

ここで

わたしは

自分の心の弱さを
どこまでも知ることになる。

 

 

話が落ち着いたとき
斜めにいた女性が口を開いた

 

 

「やることやるだけなのは分かるんですが
自分がこのまま上手くいくのか、
不安で大丈夫かなあって。思ってます。。」

 

 

 

 

そのとき、

わたしの頭の中には
なんとなくの答えは瞬時に浮かんだ。

 

 

 

 

わたしも、
同じように悩んでいたな苦しんでいたな
めちゃくちゃその気持ち分かる。

そう思った。

 

 

 

でも、
わたしは口をあけることは出来なかった。

 

 

「それ、めちゃくちゃ分かります!!」

 

 

心の中で思った
たったその一言でさえ
彼女に伝えることができなかった。

 

 

 

それは

月収100万以上稼いでいる
起業家3名を目の前にして

怖じ気ずいたのだ。

 

 

わたしは、
kさんの悩みを吹き飛ばす言葉を
しっかり伝えてあげることはできるだろうか

 

ちゃんと
自分の思想や思考を言語化できるだろうか

 

100%のパフォーマンスを
出すことができるか

 

 

 

わたしは

結局傷つくことを恐れて
黙った。

 

 

 

 

 

こころの中は

「ちゃんと伝えてあげよ!」

「なんでわたし黙ってるの」

「自分の経験から
十分伝えられることあるよ、
さあ、ほら!!!」

 

何度も自分自信に訴えかけた。

 

 

 

でも。

自分を意識して鼓舞するほどに
プレッシャーが大きくなり
口をあけることが出来なくなった

 

 

 

 

そうこうしてるうちに、
月収100万超え起業家の方が
サッと口を開いた

 

 

 

 

「えー!!!

××さん!!!!!
そんな、そんな!

その悩みは
全然気にしなくて大丈夫ですよ!

~~~

~~~

~~~」

 

 

 

 

自分の心の中のざわつきが

一層際立ったのが分かった。

 

 

自分があーだこーだ言ってる中

目の前の女性起業家の方が
相手の方の表情を緩ませていき
笑顔にする光景をそうさせたのだ

 

 

わたしは

自分を守って何もできなかった。

 

 

小心者な性格が発動して

自分がうまく伝えられなかったとき
ビジネス上級者の実力者たちに
こころの中”くすっ”って
笑われるんじゃないかな

「傷つきたくない」

 

 

そんなことを思って

自分の名前が書かれた
透明の空になったコップを見ながら
自分の弱さをどこまでも思い知った。

 

 

 

 

目を閉じて
これまでを思い出した

 

 

 

これまで
起業してから
誰よりもビジネスの勉強は頑張ってきた

 

 

それに伴って知識も格段に増えた

 

実践量も積み重ねてこれた

 

だから気づけば
コンテンツもセールス0で
売れるようになった

 

有難いことに
コンサルの依頼も頂けるようになれた

 

 

 

でも、
今日、

 

実力ある起業家達を前にして

 

わたしは
ピクリとも動けなくなった

 

 

 

そして、

わたしが動けずにいる中で
さっと口を開いてアドバイスをしている
起業家さんの姿が

 

 

どこまでも眩しくて

 

正直、

泣きたくなるような
悔しい気持ちが込み上げてきた。

 

 

「なにしているんだろう」

 

悲しみに飲み込まれて

どんどん気持ちが下がっていった。

 

 

 

でも、

不思議と負の感情は
ぴたりと止まった。

 

 

これまで鍛えてきた
思考力がここで爆発的な発揮をしたのだ。

 

 

 

「この状況って
自分が成長する上で
めちゃくちゃチャンスじゃんか。

 

人生なんて本気で生きるほど障壁だらけ。

 

それに
常に挑戦し続けてるわたしは
壁にぶち当たることなんて
いつものことじゃんか。

 

 

こんなとき、

ここでただ下を向いて
出来ないことから逃げる人間と

弱さを自覚して
なんとしても次に生かす人間

 

で真っ二つに分かれるよね

 

 

わたしは
どっちの人間になる?

 

下を向く?
前を向く?

 

 

そんなの答えは決まってる。

 

弱さを自覚して
なんとしても次に生かす人間だ。

 

 

わたしは、
クライアントさんにも
お客様にも
背中で語れる人間になりたい

 

これはずっと自分の心の中のテーマ
にしてきたこと

 

これを生かすも殺すも自分だ

 

 

よし、

…この経験さえも
自分のパワーアップの起爆剤にしてしまおう」

 

 

 

 

自分の弱さと向き合い

自問自動した結果
ふわっと心が軽くなった。

 

 

 

この気づきを得た頃

外はもう暗かった。
午後16時35分

 

 

懇親会主催の方の呼びかけにより
歌舞伎町から宿泊先の浅草に移動した。

 

 

歌舞伎町から新宿に向かう道
新宿ピカデリーのビルを通り過ぎながら
また考えた。

 

 

「まだまだわたしって完璧主義なんだな

怖じ気ずいたのもすべて

お客様に”大満足される回答”をしなきゃ

この、
テストの時に100を目指す気持ちが
なにもできない状況を作ったんだなあ」

 

 

だった。

 

 

 

これまでの経験から

ビジネスで大事な事は
100点満点の回答を提出する事じゃない。

 

自分が相手に伝える上で
上手く言えるかどうかじゃない

 

 

 

それはどこまでも痛感してきた。

 

 

 

 

 

お客様に真正面から向き合って

お客様の悩みに対して
”なにか1つでも”
新たな気づきの「おおおおお!」だったり

「あっ、そう。それだそれ
わたしのモヤモヤまさにそれ!

あ、そういう考えもあるのか
「なるほど!!!!!!!!!
兆しが見えてきました!!!」

って状態だったりを作り出すこと

 

 

まさに
一昨日クライアントさんとの電話で
この状況を作り出せたから
ありがたいこと
こんなメッセージを頂けた

 

 

「実績がめちゃくちゃすごい人って
世の中腐るほどたくさんいるけど

でも自分がどうしてゆりこさんに
ついていきたいんだろうって考えた時

冷静に自分の人生含めて
こんなに真剣に向き合ってくれる人は

まじで
ゆりこさんくらいしかいないって思いました。

色んな人と電話したりやり取りしてきましたが
この先も
ゆりこさんについて行く気持ちだけは
まじでぶれないです!頑張ります!!!」

 

 

 

って言葉を伝えられて実は泣いたりした。

 

 

 

ビジネスの本質は
価値提供とか、信頼関係とか

 

難しい言葉が飛び交っているけど
集約すると

”気づき”

を引き出すために
自分の精一杯を出しさえすればいいのだ。

 

 

 

論理的に話そうとか

結論から話そうとか

こういう型で話そうとか

 

 

それはあくまでも
伝わりやすくするための
あくまで手段の1つでしかないわけで。

 

 

 

そこにとらわれ過ぎて
結局黙りこくってしまったら
本末転倒

 

 

 

 

そして
浅草について雷門の下で写真撮ったり
中町通りを散策したりで

 

 

 

宿泊する家に着いた。

 

 

 

 

今度はここで
わたしは自分の武器を実感した。

 

 

 

~~

午後7時15分、

スシローのウーバーイーツや
デリバリーのピザがつぎつぎ届いて
懇親会第二弾が始まった。

 

 

 

 

隣に座っていたのは
ビジネス駆け出しの31歳の男性だった。

 

 

 

もうさっきのように
自分なんかとか
完璧を追い求めないぞ

 

そう心にとめて会話をしていった

 

 

 

 

 

その結果、

この男性には
翌朝どこまでも感謝されることとなった。

 

 

わたしと話をする前に
わたしよりはるかに稼いでいる
大物起業家の方々と沢山話をして
ノートが埋まるくらいメモしたにも関わらず

こんな風に綴ってくださった

 

 

 

 

「自分が自覚できていなかった
悩みを自然に引き出してもらったことで
根っこのモヤモヤの正体を
どこまでも知る事ができた

自分が何で悩んでいたのか、

何を今最優先でするべきなのか、

本当の意味で
1番の学びを感じることができた

こんな心に寄り添ってくれて
大きな気づきをくださるなんて
本当に感謝してもしきれません」

 

 

こんな涙が出るほど嬉しい言葉を言って頂けた。

 

 

 

 

さらに、

懇親会がお開きになり
浅草の街を歩いていたとき

月収500万の師匠にさらっと
こういわれた。

 

 

「××さん、

あの後
ほんとうにゆりこさんに感謝してたよ。

ゆりこさんが
どこまでも××さんに向き合って
精一杯自分ができることをしたからだね

うんうん、よきよき」

 

 

 

 

「えっうれしい…!」

 

 

 

 

わたしも

サラッと反応したけど
心の中では大きなガッツポーズをした。

 

 

 

 

懇親会の最初の時点では
どこまでも自分の弱さを思い知って

 

きっとあの場所にいたどこの誰よりも
悔しい気持ちで心は支配され落ち込んでいた。

 

 

 

 

でも、
瞬時に内省して
挑んだ後半戦で
自分んにできる最大限の行動をした。

 

 

 

自分に精一杯を相手に尽くした。

 

 

 

 

その結果

誰にも言えない葛藤で
ひとり苦しんでいた男性の笑顔を引き出すことができた。

 

 

 

 

ゴール向かうまでの
崖と崖の間をつなぐ橋を繋げてあげて

無事渡らせることができた

 

 

 

 

そう思うほどに
心の中が熱くなった。

 

 

 

「ああ、

わたしは
相手の心にどこまでも寄り添えることが
なによりも自分の1番の強みなんだ」

 

 

 

 

自分が無意識でしていたことが
自分の最大の武器だったことを自覚した。

 

 

 

 

そして

これだから
わたしはビジネスに対する
熱い想いが増すんだろうなって感じた。

 

 

 

 

この先も
きっとたくさんの壁が次々出てくるだろう。

 

 

 

目の前の人の人生をもっとよくしたい。

 

 

 

そう思うほどに
自分が苦手にしていることにも
どんどん挑戦していくからだ。

 

 

 

 

そして挑戦するときぶち当たるのが

できることをもっと増やしたるぞおお
もっともっとパワーアップするぞおおお

 

 

そう思うからこそ
自分の出来ていないことを
痛感して落ち込む日もあるだろう

 

 

 

でも、
今回の宿泊懇親会を経て

 

この先どんな時があっても
わたしは

傷つくことを恐れて
発言を辞めたり
アクションをせずに
歩みを止める人ではなく

 

 

 

目の前にいる方の人生をよくするために

 

 

”自分ができる精一杯を尽くしていこう”

 

 

そう心から強く思った。

 

 

 

↓am4時の対談動画の一部を公開!!

 

 

 

 

 

=====

 

冷静に

 

1年365日あるなかのたった2日間で
めちゃくちゃ数えきれないほどの学びを
得ることができたので

 

本当に今回は
この宿泊懇親会に参加できたことを
嬉しく思います。

 

 

幹事の方含め
企画してくださった師匠に対しても
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

この場をかりて
本当に
ありがとうございました!!!

 

 

 

 

ここで得たことを

今いる自分のクライアントさんや
今後自分と関わらせて頂く
お客様に120%還元するつもりで

 

今後も精進していきます

 

 

 

 

この記事を読んでるあなたにとって

 

少しでも
前に踏み出す勇気だったり
挑戦する気持ちが増えて

 

1段階ずつ
現時点よりさらに成長できる
きっかけになれば
わたしはとても嬉しいです!

 

 

 

ps.

最後にもう一度お伝えしたいことは
大事な事は

「自分の精一杯を尽くすこと」

シンプルにこれだけですからね

 

 

 

pps.

翌朝の浅草散策しながら

あのどら焼きのお店販売戦略ってさ〜

とか

うどん屋さんでの

ここのマーケティングするならさ〜

 

って会話を参加者の方と話すことができて
めっちゃ楽しかった

 

普段は
ここのお店もったいないなーとかの
販売戦略をひとりで思うことが多かったから

 

 

ppps.

 

あと
うどんもちゅるりんっておいしかった

 

 

 

おしまい

ー月100万になる方法ー
Amazonに出版した本を【期間限定】で無料DLして頂けます*

 

 

私は年末にリクルートを退職し
年明けにPC一台で独立起業して10か月後には月収210万円を稼げるようになりました。

最初はノースキル・ノー知識で
自信も何もかも持ち合わせていませんでした。

 

よく、
「もともと才能あったんでしょ?」
「リクルート時代のつてとかあったでしょ?」
と言われますが、

・大学受験は合格圏内すら全落ち
・入社後は貯金0の安月給OL
・リクルートでもついていけず

などなど、泣けるくらいの凡人でした(; ;)

 

そんなわたしでも
ビジネスに出会って「とりあえずやろう」
と思って思い切って挑戦したら
人生転落劇から一気に人生逆転できました。

 

最初はうまくいかないなー
って大変だった時もありますが、
法人コンサルもやっているようなビジネスのプロから学べたので今があると思っています。

 

「正しい学び」は超大事です。

 

低賃金で毎月の引き落とし大丈夫かなとか
やりたいことない第二のキャリアどしようとか
結婚して子供育てて心と身体ボロボロとか

人生に希望持てないですって思ってる人も多いと思いますが、

 

「どのライフステージでも
自分の人生を自分でプロデュースできる」

 

そんな女性が一人でも増えて
「一度しかない人生を最高な物語」にして何歳になっても笑顔溢れる毎日を過ごせたらいいなと真剣に思っています。

 

お金や時間や人間関係のストレスに囚われず

「自分自身」を武器にインターネットを使って独立起業できたお話を詳しく一冊の本にまとめてみました。

 

どうしてネットで稼げるの?
凡人の成功法則は何??
どうしたら人生変わるの??
何からしたらいいの??

 

気になる方は
有料級の話を惜しみなく話しているので
読んでみてください*

 

まずは知らないを知る。
が最初の第一歩かなと思います^^

→月収310万達成の秘訣と”わたしらしさ”を叶える『次世代の起業法』について

 

メールアドレスを入力すれば
『書籍無料DL』できますので
サクッと読んで学んでいただければと思います

 

人生はいつからでも変えられますからね。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です