どん底経験は起業人的才能を引き出す最高級の調味料

 

こんにちは、ゆりくまです。

 

私は人生の底っていう底を
同世代の誰よりも体験したなぁ…
という自負があります。

当時はそれが地獄の如く
毎日先が見えなくて見えなくて
どこまでも生きてる意味を見失っていました。

 

でも今はコンサルティングして下さい!
と言われる人間にまでなれました。

 

どん底の経験をしたことがある人は
人の痛みや苦しみが
超絶分かるからこそ

ビジネスでは成功しやすいです。

 

今の時代気軽にネット起業ができる。

だからこそ今人生の底にいる方は
私の記事を見て生きる希望や
新たな選択肢を得てもらえたらな

そう思います。

 

凡人は「本当になりたい自分」になんてなれないんだ

 

私は人生を変えたくて変えたくて
死ぬ物狂いで転職活動をし、
晴れて第一志望のリクルートのOLになりました。

 

真夏の8月、
早速自己紹介が終わったタイミングで
2チーム合同ミーティングから始まり
聴きなれない用語が飛び交い
早速私の頭はショートしました。

GM(グループマネージャ)
「今月のチームKPIは~でしたが
各自進捗を報告してください。」

(えまってKPIってなに)

うっわー、これ、、
私この先着いていけるのかなぁ。。

 

私は不安しかありませんでした。

 

 

私の営業内容は、
オーナー様のお店がお売上をあげるために
ホットペッパービューティーを使いませんか?

といった広告営業で
新人営業マンの私はまだ客先はないので
やることといえば1人アポ取り大会。

飛び込み営業か鬼の架電でした。

 

 

わたし
「あ、もしもしわたくし
ホットペッパービューティーのおか」

 

ネイルサロンA店
「あ、結構ですー(ガチャ)」

 

ちーん。

 

 

私のポンコツヒストリーとしては
私はビジネスのビも知らなかったし
とりあえず言れたことをやる!!

といったスタンスだったので
とりあえず飛び込みアポしに行って

 

Bエステサロン
「なんのようですか?」

 

わたし
「あっ、、えっとあの、
、、あっすみません出直してきます。。」

って言ってその場を立ち去り
ビルの下で撃沈した日があります。

 

そんなレベルの私だったので
2ヶ月目に後輩ができてしまった時も
分からないことは溢れかえっており

こんなんじゃ私なにも教えられないよ…
待ってどうしよう…
後輩のお手本にならなきゃなのに…

毎日心のストレスが凄かったです。

 

 

常に何かに追われる心の負担。
やばい。
やばい。、

どうしよう…

 

 

3ヶ月目には後輩が3人も増えたんですが

めちゃくちゃアポどりが上手だったり
お客様との会話が得意だったり
ビジネスに長けてる子達だったので

「あー本当優秀な子たちばかり
もー自分ポンコツすぎて超むり、、、
あの子は今頃バンバンアポ取ってるのかな」

 

そんなことばっか考えて
常に焦燥感に駆られていました。

 

無自覚でどんどんどんどん病んでいきました。
気づけば何一つ自信がなくなっていました。

 

メンバー
「ゆりやん最近どう?!どしたんか、、、
元気ないじゃん!!何か困っている??」

わたし
「あっ、はい…なんか、、
何もかもわけわからなくなってしまって…」

 

分からないが分からない状態に陥り、
寝ても覚めても過度なストレスフル状態。

こんな調子で私の肌はたった3ヶ月で
異常な吹き出物の嵐になってしまいました。

 

↓当時の写真と後にUPした投稿

 

「こんな顔じゃ、人に会えない。」

 

最後は自分の肌に病み過ぎて
人に会うのも外に出るのも怖くなって
会社に行く事ができなくなりました。

 

入社してちょうど3ヶ月。
10月の終わり頃でしたね。

 

凡人は頑張りたい。といくら思っていても
ハイスペックな人達に到底叶わない。

人生変えたいと強く思って環境変えても
自分のスペックじゃそんなのはむりなんだな。

 

ということを
一流企業で働いてみて思い知りました。

 

「お父さんお母さんごめんね」休職してからが本当の挫折と地獄

 

肌がボロボロになると共に
怒涛の引きこもり生活の始まりです。

人生初の人生転落経験ですね。

 

30歳で独立するために、
選び抜いて入った会社だったのに
私はやり抜くことができなかったので

悔しい。。。

この3文字しか頭にありませんでした。

 

ただ肌がボロボロになってまで
頑張る意味をもはや見出せませんでした。

 

 

才能がなくても努力によって成し遂げれる。

才能がなくても努力によって人は変われる。

 

そう思いたかったし
実際そう思って毎日必死に
朝から夜まで休日も家で仕事をしていました。

でも現実はそう甘くなかったわけです。
実際は全然ついていけてませんでしたから。

 

 

空が青くて天気の良い午後13時 
眩しい日差しを横目に

「皆今頃飛び込み営業して
今日も頑張ってるんだろうなぁ」

そう思うほどに
頑張ることの権利を放棄した私は
とても心が締め付けられましたね。

 

11月から実家で療養し始めましたが
食事の際に両親の顔を見るたびに、
あー私この歳でなにしてるんだろう。

涙が何度も出そうになりました。

 

夜は21時におやすみなさいと言い、
二階の部屋に行き布団に潜ると
一気に不安が押し寄せます。

 

私はこの先どうなるのだろう…

 

 

平凡な一般職OLが2年半と
会社を辞めて営業経験が3ヶ月、

どこの会社が
こんな低レベルの人間を雇うのだろう。
スキル経験もない根性なしを雇うのだろう。

 

また転職するのか…

あんな大変な思いをした転職活動を
また1からし直すのか。

先が見えない。暗い。しんどい
止まらない感情で未来に焦りを感じました。

 

人生に絶望しかありませんでした。

 

 

何より両親の顔を見るのが
辛くて辛くて…
それがまた自信を失わせていきました。

 

 

私は両親には生まれてきて大人になるまで
なに不自由なく大切に育ててもらいました。

あれほど「営業は大変だよ。。」
そう忠告も受けてました。、

 

それを押し切って飛び込んだけど
結果速攻潰れて両親のお世話になってる。

 

この年になっても両親に心配かけて
働けなくなって家賃だって助けてもらって
わたしはこの家の恥でしかないな。と

 

従妹は慶応を推薦で行ったり
一流名門大学を出て女医さんやっていたり
何かと突き抜けてる優秀揃いでしたので

「わたしは、岡田家の恥だ」

そう思えて仕方がなくて
情けない感情が込み上げてきて
だんだん白い天井が歪んできた瞬間

大粒の涙がとまらなかったです。

 

 

自分の無力さをあれほど感じた経験は
24年間生きててあの時がはじめてでした。

 

 

せっかく大変な思いして産んでくれて
社会に出るまで苦労して育ててもらったのに
なんで自立して頑張れていないんだろう。。

 

 

会社からの労働地獄からは逃げた。

でも両親に対する申し訳なさと
自分の見えない未来に絶望して

本当の地獄と挫折は、
会社を休職してからでした。

 

 

会社で働くことから逃れても
自分の人生からは逃げることはできない。

 

本当の苦しみは、
すべてから解放されて

「本当に何にもなくなったとき」です。

 

キャリアもプライドも自信も
すべてを失ってしまったときに

「ほんとうのどん底」を思い知りました。

 

 

父は偉大だ。どん底の中で光が差し込んだ。

 

とある天気の良い週末、

ゴルフから帰ってきたお父さんに誘われて
軽くドライブに行きました。

 

天気がいいなぁ、
あー風気持ちいいなぁ。

 

そう思っていたら父にこう言われました。

 

 

「会社なんてさ、
世の中いくらでもあるからね。大丈夫だよ。

会社員で給料が高いってことはさ
それ相応の責任や能力を求められるってこと。

年収より自分にあった会社が一番。

世の中たくさん色んな会社あるんだから
焦らずにまずは心と身体を直してけばいいよ。
大きな会社にこだわる必要もない。

お父さんはさ、
ゆりこが、ゆりこらしく生きていければ
それが一番だから。

お母さんもそう思っているはずだよ。」

 

 

そう言われました。

 

 

 

「うん。」

 

とだけいいましたが、
助手席で風を浴びながら

ひっそり涙を流しましたね。

 

 

父は大きな会社で経営周りの仕事をしてて
定年を迎えても責任あるポジションにいます。

 

 

父はサラリーマンの成功者だけど
なんでそんな簡単なこともできないの?
っていうこともなく

”わたしらしくでいいんだよ”

この言葉にとても心が救われました。

 

 

その日の夜は父の言葉を思い出して
車の中で押さえていた感情分の涙を流しながら
最後は泣き疲れて眠りにおちてしまいました。

どこまでも泣いて泣いて
でも枯れるほどに泣いたからこそ
翌朝は少し吹っ切れた気持ちになったことを
今でも覚えてます。

 

 

そうしてわたしは
仕事もプライドも自信も全てを失ったから
ネットビジネスを始めることにしました。

 

 

「わたしらしく」生きていきたい

もっと自由にもっと素直にもっと欲張りに
自分の人生自分でプロデュースしたい

 

 

この世界なら自分の声に正直になって

”ほんとうのわたし”になれるはず。

そう思いました。

 

 

疲れ切って寝てしまった翌日は
無心で30歳のありたい姿を書き出して

以前抱いていた未来へのワクワクを
もう一度抱くことができました。

 

 

よくわからない世界だけど
個性を生かしてビジネスできるはず。

ここで”わたしらしく”突き抜けよう。

 

 

誰かの一言が自分の生きる希望になる。

「新しいことをやろう」
「わたしらしくいこう」

って思えるとどんなに地獄に落ちようとも
未来への希望を感じることができるものです。

 

 

自分の経験が他人の希望となる

 

Twitterの駆け出し時期は

なに呟けばいいんだろう。。
全く分かりませんでした。

 

とりあえず、、、、
自分のこの辛い気持ちとか
本当は叶えたい事とかを綴ろうかな?

そんな感じで
心の声を自己開示スタートしました。

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

人生思うようにいかないこと。
そんなの腐るほどある。事実、
必死にやってもむりだった悔しい。、

でも叶えられないことなんて絶対ない。
30歳になった時の理想の自分は
やり方変えればいくらでもなれるはず

2020.1.22 22:39

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

これ、、友達みないよね…
こんなの見られたらさすがにメンタル、、
でもこんなアカウント見つかるはずがないか

そんなことぶつぶつ言いながら
布団に包まってうだうだしつつも
記念すべき1ツイートをしました。

「えいっ」

 

翌日になってTwitterを見てみると
一件コメントの通知が来てました。

 

「ゆりくまさんこんにちは
素敵ですね。応援してます^^」

 

 

(えっ。嬉しい。。)

 

 

そう思いました。

 

当時は本当に自分に自信なくて

自分の”本当の心の声”に関しては

世に情報発信するのは初めてだったので
勇気を出したツイートに対しての返信は
どこまでも心が救われた想いをしました。

 

そのあとは何分割にも分けて
リプライを一生懸命返した記憶があります。

 

自分の行き場のない気持ちに対して
たった数行でも反応を貰えたことが
私にとっては本当に嬉しかったですね。

心が温かい気持ちになりました。

 

 

そんな調子で
1ヶ月2ヶ月と情報発信をしていたら
色んな方からメッセージを頂けました。

さらにはTwitterのDMだけではなくて
インスタの方にも同世代女性から
たくさんご連絡を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

さらには高校時代の後輩にもメッセージを頂きました。

 

 

 

わたしはメッセージを受けるたびに
自分の存在意義を感じることができました。

 

 

同時に自分の情報発信によって

刺激を受けました!
勇気を貰えました!
相談していいですか?

の言葉を受けてこう思いました。

 

上手くいかなくて暗闇の中にいる
まるで少し前までの自分のような女性を
一人でも多く明るい笑顔にしたい

”女性の本当の幸せ”を創造したい。

そうして今のビジネスをするに至りました。

 

 

ビジネスを学んでからは
情報発信を進めてく中で、

 

「ゆりくまさんの挫折経験を拝見しました。
どん底から這い上がられているので
本当に感動したし自分でもそうなれるのかな?
そう可能性を感じさせてくださいました。
私もなれることならそうなりたいです。」

 

と単月で5名の方から申し出を頂き
短期間のコンサルティング業務を始めて
毎日心を込めてフィードバックしてました。
(男性の方もお申し出を頂きました)

 

 

本当に短期間の指導でしたが
自分との出会いの中で前に進めました!!!

との事だったのでとても嬉しかったですね。

 

 

 

会社員3年間は何をするにもだめだめ
これまで何にも上手くいかなかったけど
それでも未来に向かって頑張っていると

自分の挫折経験は人の勇気になるんだ!

ダメダメだった自分が頑張ると
挫折経験はむしろ武器になるんだ!

と心から実感することができました。

 

 

 

辛い。苦しい。悔しい。
なんで私が、、もう私なんて、、

この気持ちを持っている人こそ
ビジネスにおいては成功しやすいです。

 

 

それは辛くて苦しい経験をした人こそ
何かで苦しみ悩んでいる人の心に
どこの誰よりも心から寄り添えるからです。

 

どん底の世界を知っている人だからこそ
人の心に響くメッセージができるので
そこに共感する方々があなたを求めます。

 

 

↓昨日ある女性から頂いたメッセージです。

 

人の痛みが分かるからこそ
痛みを感じている人たちの
かけがえのない希望の光になれます。

 

今のしんどい経験だって角度を変えたら
他の誰かの生きる希望になるんです。

 

 

まとめ

 

ずっとこれまでうまく行ってる人
ずっとこれまで思う様に生きてこれた人

それだけ聞けばとても羨ましいし
とても理想的な生き方です。

 

ただ、
本当に今辛くて目の前真っ暗な人は
そんな綺麗な人生よりも

自分と同じ様に辛い…しんどい…

そう経験した人の言葉の方が
1000000万倍心に響きます。

 

安月給で毎月かなりしんどい
上司からのパワハラでしにそう
結婚相手が実は借金抱えてた

頑張ったのに報われない
悔しくってたまらない
理想と現実に苦しすぎる

 

 

そういった誰にも言えない経験とか
なんで自分だけ、、
って思うような悲しい経験とか、
虚しい経験とか、辛い経験とか

 

 

計り知れない痛みや苦しいの経験がある人ほど
個人でビジネスをするってなったら
”その経験が強み”になっていきます。

 

 

私自身つらい経験ばっかしてきたから
相手の痛みや苦しみは
どこの誰よりもどこまでも共感しますし

その想いをありのままに情報発信しているから
ご相談を頂くことができるのかなと思います。

 

 

人が何かにお金を払う時は
「人の感情」が突き動かされる時です。

 

 

私もそう

初めて高額コンサルティングを受けよう
そう思った時は心が動いたからです。

わ、この人労働地獄だったんだ
医療系って大変だよね…
月100時間はやばいなぁ
でも今こんな自分らしく生きてて凄い

辛さや苦しみをどこまでも共感したし
自分の力によって生きてるのが羨ましくて
私も頑張りたいなって思えたからこそ
高くても迷わず50万の自己投資をしました。

(内容浅いコンサルでしたが…)
→内容が薄すぎた話はコチラで話してます

 

 

凡人が人生を這い上がるには
心配しなくても大丈夫ですよ。

本気の人が這い上がれる戦略が
きちんと存在しているんです。

 


カレーのレシピの様に

どうやったらセールス上手になれるか
どうやったらビジネスで結果出るか
どうやったらファンがつくか

全部型やパターンが存在してるんです。

 

 

これを知る事ができたから
どん底のわたしでも起業ができました。
お客様からお仕事の依頼を頂けました。

最近は法人コンサルも出来る様になって
自分の成長に感動してます。笑

 

 

 

人は本気で学べば変わります。

本気で学べば。

 

 

 

私は社会人になってから
挑戦しても全くうまくいかなったです。

理想はたくさんあっても
現実が全くもって追いつかなかったです。

だからとっても苦しい想いをしたし
どこまでも病んで本当に辛かったです。

 

 

それでも理想の自分像ってあって
全然諦めきれなかったから起業しました。
今の時代ノーコストでできますからね。

ビジネスを学ぶぞってなってからは
何とか言い訳をして親にお金を借りたり
融資を受けたりあの手この手でお金を集めて
必死になって自己投資をして勉強しました。

今でも学びへの自己投資には
毎月数十万単位で使っています。

こんな感じで成長にはお金を惜しみません
(自分のなりたい姿には超貪欲です。笑)

 

 

 

泥臭いからいいんです。
かっこ悪すぎたとしても
本気で頑張っている姿だから

ゆりくまさんに相談したいです。」

って言葉を頂けているのだと思います。

 

 

辛い経験は0、苦しい経験は0、
生まれながらにしてすべて持っている。

そんな人、わたしなら魅力を感じません。

 

 

何一つ取り柄のない凡人 
何やってもうまくいかない
全然上手くいかない地獄でしかない

そんな人にこそ人を惹きつけるための
最高の人生の調味料を持っていますよ。

 

 

今の生活がしんどい人、
今の生活が苦しい人、
今の生活が地獄でしかない人、

「消えてなくなりたい。しんどいよ」

心が折れそうになっても
自分の可能性を奪わないで欲しいです。

 

 

本気で学べば
いつだって、だれだって、
”あなたらしく”生きていけます。

 

 

地獄から這い上がろう。
「その姿に」人は心を奪われるし

「その姿が」また別の誰かの
かけがえのない勇気になったり
希望の光になっていくんですから。

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

PS.
あれは人間の肌と思えない…

とまでになった異常な吹き出物ですが
わたしは自分らしく生きる!

と独立を決めてたった3ヶ月で
ここまで回復することができました。

 

 

そしてあの地獄の期間を思い出すと
普通の肌になって毎日過ごせることが

本当に、本当にとても幸せです。

 

 

一生懸命生きてるのに報われない

そんな人にこそ

ビジネスの素質があるんだってことを
絶対に忘れないでくださいね。

 

 

ちなみにわたしは
女性の幸せは結婚だ!と思ってました。

しかしそうではないと気づき
ほんとうの幸せは”わたしらしく”生きてくこと
そう思ったOL時代のお話はコチラでしてます
↓↓
「ティファニーで朝食を」漫画版を見て女性の幸せとは何か?を改めて考えさせられた

 

ー月100万になる方法ー
Amazonに出版した本を【期間限定】で無料DLして頂けます*

 

 

私は年末にリクルートを退職し
年明けにPC一台で独立起業して10か月後には月収210万円を稼げるようになりました。

最初はノースキル・ノー知識で
自信も何もかも持ち合わせていませんでした。

 

よく、
「もともと才能あったんでしょ?」
「リクルート時代のつてとかあったでしょ?」
と言われますが、

・大学受験は合格圏内すら全落ち
・入社後は貯金0の安月給OL
・リクルートでもついていけず

などなど、泣けるくらいの凡人でした(; ;)

 

そんなわたしでも
ビジネスに出会って「とりあえずやろう」
と思って思い切って挑戦したら
人生転落劇から一気に人生逆転できました。

 

最初はうまくいかないなー
って大変だった時もありますが、
法人コンサルもやっているようなビジネスのプロから学べたので今があると思っています。

 

「正しい学び」は超大事です。

 

低賃金で毎月の引き落とし大丈夫かなとか
やりたいことない第二のキャリアどしようとか
結婚して子供育てて心と身体ボロボロとか

人生に希望持てないですって思ってる人も多いと思いますが、

 

「どのライフステージでも
自分の人生を自分でプロデュースできる」

 

そんな女性が一人でも増えて
「一度しかない人生を最高な物語」にして何歳になっても笑顔溢れる毎日を過ごせたらいいなと真剣に思っています。

 

お金や時間や人間関係のストレスに囚われず

「自分自身」を武器にインターネットを使って独立起業できたお話を詳しく一冊の本にまとめてみました。

 

どうしてネットで稼げるの?
凡人の成功法則は何??
どうしたら人生変わるの??
何からしたらいいの??

 

気になる方は
有料級の話を惜しみなく話しているので
読んでみてください*

 

まずは知らないを知る。
が最初の第一歩かなと思います^^

→月収310万達成の秘訣と”わたしらしさ”を叶える『次世代の起業法』について

 

メールアドレスを入力すれば
『書籍無料DL』できますので
サクッと読んで学んでいただければと思います

 

人生はいつからでも変えられますからね。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です