知ってますか?『失敗』より怖いもの。

こんにちは、ゆりくまです!

今回は
なかなか行動できない
なぜなら失敗が怖いから

と言う方に向けた
お話をしていこうかと思います!

では参ります!

日本の教育が原因?

わたしは、
多くの人が失敗が怖くて行動できない要因は、

日本の教育にあると思います。

まず、
小学校、中学校、高校の授業は
基本的に教科書ベースに進みます。

定期テストは、
教科書に散りばめられた知識が問題となり
正解すれば良い点数が取れる仕組みです。

そしていい点数が取れれば
「優秀」と言われ

逆に、
不正解が多い人は点数は低いので
「優秀ではない」と低い評価になります。

私たちは、
社会に出るまでの10数年もの間、
日本の文部科学省が作った教科書に書かれた
「正解のある問題」を解かされ続けていました。

正解と異なると赤丸はもらえない。
どんなに一生懸命勉強していても、
肝心な答えがあっていなければ点数はもらえない。

=間違っていることは「ダメ」。

この教育を長年受けていたから
潜在的に「失敗は悪」と感じているわけです。

これが、
「失敗が怖くて動けない」背景だと思うんです。

減点方式の評価に苦しんだ過去

私は、
社会人1年目とても苦しみました。

それは、
自分の所属している部署が

「減点方式の評価」

だったからです。

ベテランしかいない上司軍団。
まず言われたことは

・質問するのは3回まで
・与えられた仕事ができても0評価
・+αの成果を出して始めて評価スタート

という、
なんともハードな環境でした。笑

右も左も分からない新入社員が
いきなりこれを毎日毎日言われて
そりゃもう、、

精神的にしんどかったですね。
デスクで本気で号泣してました。

私のデスクは通路側だったので、
営業さん達に毎日
エールの言葉を投げかけてもらってました。笑

そして、
日々働く中で脳裏にあるのは

「失敗したら終わる怒られる評価下がる」

だけです。

結果的に仕事に対して、
無駄に緊張するようになり
返って凡ミス連発して怒られてました笑

そして、
入社半年後のボーナス査定評価面談では、
改めてこう言われました。

「総務部は、営業部署とは異なります。

営業部署は、件数をとれば売り上げが立つので
件数=評価の部署です。

しかし、
総務部は売り上げを上げる部署ではないので

「ゼロミス」=当たり前

つまり、ミスすればマイナス評価になります。
全部できて評価がもらえると思わないでね。

なので例えば、
200人分の勤怠データ入力作業をするのに
1回でも間違えれば当たり前にマイナス評価になるし

例えできたてしても
評価はつかず「評価プライスマイナス0」

なので、
評価されたければ、

『変革起こすくらいの+αの成果』

を出してください。はい、面談は以上です。」

と言われたんですね。

あ、思い出すとイライラしてきますね。笑

もう鬼畜以外の何者でもなかったです。

常々当時の上司達に思っていた事は、
部下のモチベーション切り崩す天才だな
ということですwww

失敗より挑戦する派のわたしも
さすがに入社当初は丸くなって
勢いを失ってしまいましたね…。

最初は。笑

人生に正解はない、つまり?

人はどうしても目先の結果に
一喜一憂してしまいます。

失敗したらどうしよう。って

でも総務部に時思い返してもそうですが、
怒られたくないがために何もしない。

・ほんとに最低限の事しかない
・絶対わかる事しかしない
・言われる事しかしない

を続けていた方が危ないなと思うわけです。

なぜなら、
その総務部の環境で一生を終えるなら良いですが
そんな可能性低いじゃないですか。

大手企業が大々的に発表してるように
「終身雇用」も約束されなくなって、
一定の歳で仕事なくなるわけですよ。

そうなったら、
同じ環境で一生働く事はないわけなので
次の環境で生きていかなきゃいけない

そしたら、
総務部の時の失敗や低い評価でクヨクヨして
行動しないのはヤバいわけです。

ここで考えるべきことは、

積極的に質問したり
積極的に行動したり
積極的にたくさん失敗して

で、そこからの

「学び」

を1つでも増やした方が
よっぽど今後に生きてくるということです。

先ほどの総務時代の話に戻ると、
私は仕事に慣れてきてからは
積極的に上司にこう言いました。

「総合職の男性がやってる
総務人事の仕事をやりたい」

「いやそれは一般職はだめ」

と即座に頑固マネージャーに言われましたけど
熱い想いを伝え続けた結果最後は折れて
「会社説明会の担当」をやらせて貰いました。

その中でも、
注意、指摘、失敗でへこんだりしましたが、
でも今ではそれらが財産だなあと思っています。

何もしなければ、失敗しないけど
なんの気づきも得ることが出来ません。

なんの気づきも得ることが出来なければ、
経験値を高めることが出来ません。

経験値がない人は、この先絶対苦しみます。

なぜなら、

「考える力」が鍛えられていないし
「学び=知恵」が圧倒的にないから

これから変わりゆく時代に対して
どう対応していけばいいか分からず
動けなくなるからです。

そうなると、
非常に劣悪な条件下で働かざる得ない
ということが起こるわけです。

私は、
「目先の失敗なんて、むしろラッキー!」
って思うようにしています。

行動しなければ人生は止まります。

何度もお伝えしますが、
大事なのは「目先の成功か失敗」じゃないです。


成功しても失敗しても
人生はしばらく続くわけなので
単発的な成功失敗に一喜一憂は意味ないです。


大事なことは

行動してそこから何を学ぶのか」

これに尽きます。

私は、総務部の時
出る杭は打たれる環境でした。

「質問は3度まで!!」
と急成長を求められました。

「失敗は悪だ!!」
と完璧を強いられてました。

しかし、
そんな中でも失敗を恐れて
黙って存在感消し続けるのではなく、

最終的には
「いや頑張ってもミスなんてするわ!!」

って思って開き直って
積極的にあれしたいこれしたいと申し出て
一年働いた結果非常に経験積んだなと感じました。

ちなみに退職する日、
私の天敵だった口うるさい総務マネージャーに

「新入社員への指導方法を少し変えないとね。
今の若い人には昔のやり方は合わないね。」

と若干反省の言葉を言われました。笑

行動して怒られた事は沢山。
だけどそれでも1年半で
たくさんの気づきや経験を積めました。

失敗する事より、
行動しない事が何よりやばいです。

私の人生は失敗だらけですが、
やってきたことに後悔ってないんですよね。笑

それは、

失敗から学んだ事がすべて武器になっている

と実感しているからだと思います。

なので変化のない日常だと感じると
自然に危機感を抱くようになりました!笑

失敗は自分の財産ですからね!

「生きてく上で最上級の価値のある経験値」
という名の財産を積み上げていきましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

それではっ

ー月100万になる方法ー
Amazonに出版した本を【期間限定】で無料DLして頂けます*

 

 

私は年末にリクルートを退職し
年明けにPC一台で独立起業して10か月後には月収210万円を稼げるようになりました。

最初はノースキル・ノー知識で
自信も何もかも持ち合わせていませんでした。

 

よく、
「もともと才能あったんでしょ?」
「リクルート時代のつてとかあったでしょ?」
と言われますが、

・大学受験は合格圏内すら全落ち
・入社後は貯金0の安月給OL
・リクルートでもついていけず

などなど、泣けるくらいの凡人でした(; ;)

 

そんなわたしでも
ビジネスに出会って「とりあえずやろう」
と思って思い切って挑戦したら
人生転落劇から一気に人生逆転できました。

 

最初はうまくいかないなー
って大変だった時もありますが、
法人コンサルもやっているようなビジネスのプロから学べたので今があると思っています。

 

「正しい学び」は超大事です。

 

低賃金で毎月の引き落とし大丈夫かなとか
やりたいことない第二のキャリアどしようとか
結婚して子供育てて心と身体ボロボロとか

人生に希望持てないですって思ってる人も多いと思いますが、

 

「どのライフステージでも
自分の人生を自分でプロデュースできる」

 

そんな女性が一人でも増えて
「一度しかない人生を最高な物語」にして何歳になっても笑顔溢れる毎日を過ごせたらいいなと真剣に思っています。

 

お金や時間や人間関係のストレスに囚われず

「自分自身」を武器にインターネットを使って独立起業できたお話を詳しく一冊の本にまとめてみました。

 

どうしてネットで稼げるの?
凡人の成功法則は何??
どうしたら人生変わるの??
何からしたらいいの??

 

気になる方は
有料級の話を惜しみなく話しているので
読んでみてください*

 

まずは知らないを知る。
が最初の第一歩かなと思います^^

→月収310万達成の秘訣と”わたしらしさ”を叶える『次世代の起業法』について

 

メールアドレスを入力すれば
『書籍無料DL』できますので
サクッと読んで学んでいただければと思います

 

人生はいつからでも変えられますからね。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です